忍者ブログ

満月の日



帰り道

夜空には 無数の星が輝いていた


幾つもの街路樹を通り過ぎた頃

蒼い大理石の建物が現れる


そこに 軽く もたれかかる君が居た


清楚な白いレースのワンピース

緩やかにカールした長い髪

透き通るような白い肌


まるで蒼いキャンバスに描かれた 

白い妖精のようだ

僕の瞳は 瞬きを忘れる


一目惚れって こういう事を言うのかもしれない

あの子と どうすれば接点が持てるだろう

月に祈ってみる


満月の日の 恋の願いは叶うそうだから・・・


ポエムブログ 自作詩・自作ポエム







拍手

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 如月雫雪の「詩、小説」 : All rights reserved

「如月雫雪の「詩、小説」」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]